Just another WordPress site

6つの重点施策

  • HOME »
  • 6つの重点施策

25歳で障害者支援のNPO法人を設立して以来、長年障害者福祉に携わる中で、「障害があるから不幸なのではない。障害があるが故に、挑戦する機会が失われることが不幸である。」と考えてきました。そして、この考え方は、障害者だけのことではなく、すべての人に当てはまることだと思っています。誰もが夢や希望を持ち、それに向かって挑戦することのできる社会こそ、誰もが幸せを実感できる、私たちが目指すべき社会ではないでしょうか。その実現ために、次の6つの重点施策を主に取り組み、誰もが幸せを実感できる社会の実現を目指します。

1.強い地域経済の実現

◆農・商・工・官・学の連携による産業の発展、創業(ベンチャー)支援の充実等

【目指す社会像】‥誰もが誇りある仕事によって生活の基盤が安定し、他者を思いやる余裕がある!

2.お互いを認め合う共生の理念の推進

◆障害者や高齢者、妊婦、こども等への合理的配慮の推進、多文化共生施策の充実等

【目指す社会像】‥誰もが大切な人に囲まれ、今ここに存在していることを心から安心できている!

3.地域と学校が連携しながら、一人ひとりを大切にする教育の推進

◆地域住民と学校の連携、特別な配慮が必要なこども達への支援、いじめ対策の強化等

【目指す社会像】‥将来を担うこども達が個性を大切にされながら、のびのびと成長している!

4.こどもからお年寄りまで、安心して暮らせる地域の実現

◆安心して子育てできる施策の充実、地域住民と専門家が連携した高齢者福祉の推進等

【目指す社会像】‥乳幼児から高齢者まで、地域で見守られながら、幸せに暮らしている!

5.学習・成長の機会とその成果を生かす場の創出

◆文化・スポーツ活動のような生涯学習の機会の充実とその成果を生かす場の創出等

【目指す社会像】‥誰もが夢や希望に向かって前向きに努力しながら、充実した人生を歩んでいる!

6.住民参加による防災・防犯のまちづくり

◆具体的な危険因子の除去、住民共助の仕組みの構築等

【目指す社会像】‥災害や犯罪に対する不安を感じることが少なく、誰もが安全に暮らしている!

PAGETOP
Copyright © 小杉たかひろ後援会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.